加古川店コラム

大空間リビング間取り図加古川

2019.07.08

[44坪/間取り]自分らしい暮らしを楽しむ注文住宅の間取り図

注文住宅を建てるならこだわり抜いたマイホームを建てたいですよね。新築の家づくりで最初に大切なのは、生活の基礎となる間取りを決めること。しかし注文住宅はイチから考えなくてはいけません。その参考になるのが間取り図。自分が住みたい家に近い間取り図を探したり、家族のライフスタイルから逆算して考えたりと、見れば見るほど頭の中に具体的な注文住宅の図が浮かびあがります。
家づくりの参考になる間取り図を今回も大公開。44坪の大空間リビングの注文住宅は、”自分らしい暮らしを叶える”をテーマにした間取り図。そんな注文住宅の間取り図を詳しく解説していきます。

注文住宅1F間取り図加古川

注文住宅2F間取り図加古川

注文住宅ロフト間取り図加古川

 

 

開放的な大空間リビング


大空間リビングの注文住宅加古川

今回のメインはなんといってもこの18.9帖のLDK!和室を開放すれば22.5帖という驚きの広さになります。
高耐久コアを柱に入れることによって叶えた大開口の窓が、より部屋を大きく見せてくれます。差し込む光が心地よい明るいリビングになると同時に、庭で遊ぶ子どもたちの姿も見守ることができる素敵な間取りです。

 

 

アイランドキッチンでぐるぐる回遊


アイランドキッチン加古川

今回は広々リビングにふさわしい大きなアイランドキッチンを設置。
アイランドキッチンなら行き止まりがないので、みんなでお手伝いもしやすいです。キッチンに立つとリビングや庭も見渡すことができ大開口窓の正面に配置することで、オープンキッチンとしての役割も果たします。

 

 

手洗い習慣動線


玄関を入ってそのままリビングに行く動線と、洗面室に向かう動線の2つのルートを用意。
子どもが帰ってきてすぐに手洗いうがいをできる動線は、自然と習慣が身につきます。また、買い物帰りのママも、リビングでくつろぐパパや来客に配慮してそのままキッチンへと行ける動線も完備。

 

 

小上がり畳&勉強カウンター


小上がり勉強コーナー加古川

畳コーナーは小上がりにすることで、ひと息つく時に腰掛けたり、ゴロンと転がってお昼寝をしたりできるように設計。奥側にはちょっとした作業ができる勉強カウンター、そしてその下には空間を作り長時間座っていても疲れないように掘りごたつ形式に。
畳の下は引き出し式の収納になっていて、お昼寝用のブランケットなどを収納できてとっても便利です。

 

 

視点が変わる発想転換の間


発想転換の間加古川

二階にはパパも子どもも大好きな段差を利用した”発想転換の間”と名付けられたファミリースペースをスタンバイ。
座る、正座する、寝転がる、足を伸ばす……。自由な姿勢で新しい発想が生まれるプライベート空間になりました。

関連記事

こちらの記事も人気です