加古川店コラム

一戸建ての設計加古川

2019.08.11

[42坪/間取り]家事をお手伝いしやすくなる収納上手の家

今回は収納上手になれるとっておきの42坪プランの間取り図をご紹介していきます。
動線の短い間取りや、キッチンから家族の様子を見渡せる間取りなど、自由度の高い注文住宅の間取りは千差万別。その中でも収納に重点を置いた、”使いやすさ”を意識した注文住宅ができました。

1floor加古川

2floor加古川

ロフト加古川

 

 

収納上手になるポイント


本棚ディスプレイ加古川

ひとくちに収納と言っても、色んなタイプがあります。場所をとる掃除機や季節外の衣服・布団などをひとつにまとめる大きな納屋のような収納スペースや、ひと部屋につきひとつ収納をつけて細々と片付けるタイプも存在します。
室内をいつでもすっきりキープするためには、”適材適所”の考え方が有効です。収納スペースが広ければ良いわけではなく、その場所にあると使いやすいといった使い勝手を重視することが大切。玄関には汚れても掃除しやすいように土間収納を、一階はもちろん二階にも簡単に持ち運びできるように階段の下には掃除機を、などどこの動線上にあると良いのかを考えることで自然と収納上手になることができます。

 

 

掃除の味方!土間収納


玄関におすすめなのは、土間収納です。泥や埃がついてしまう遊び道具やパパのゴルフバックなど、家の中に持ち込みたくない外の汚れのあるものを仕舞っておくのに最適です。玄関に続いた土間なので、水で流しても大丈夫なのが嬉しい!掃除のしやすい土間収納は雨の日にも活躍します。

 

 

 

来客時のコートかけ


W.I.C

リビングのTV台の裏側に、さりげなくコートをかけるスペースを設計。この小さな思いやりが良い家となる基本です。

 

 

パパお手伝いカウンター


キッチンの前には小さなカウンターを設置。トースターやコーヒーなどパパにも手伝いやすい間取りです。キッチンからの受け取りだけではなく、小物や本を収納できるので、キレイにおしゃれに暮らせます。

 

 

可動間仕切り収納家具


二階の部屋は、子どもが小さい時にはきょうだいで使って、ひとりで寝られるようになったら各自の寝室として使えます。可動間仕切り家具は、自分で移動させることができるから、自由に空間を使うことができます。

 

 

パパママのウォークインクローゼット


ウォークスルークローゼット加古川

主寝室からすぐに行けるようになっているウォークインクローゼットは、パパとママの共用スペース。ふたり分のスペースを壁できっちり分けることで、片付けやすくなります。

関連記事

こちらの記事も人気です