加古川店コラム

注文住宅の間取り加古川

2019.12.16

[40坪/間取り]注文住宅の参考に!吹き抜けの家

注文住宅は、当然のことながらプライベートのほとんどを過ごすこととなります。
人生で大きな買い物となる家は、建ててから「ここにコンセントが欲しい」「壁をもうちょっとずらしたい」なんてことを実行するのにもお金がかかります。
この注文住宅で実際に暮らし、どのように生活していくのかを何パターン、何十パターンも想定し、さらには子どもが大きくなり老後のライフスタイルなども考えて購入しなければいけません。
そのためにも、アレンジの効く注文住宅にすることで、満足のいく生涯住宅を目指すことがおすすめです。

注文住宅はその名のとおり、すでに土地に建っている家を購入する建売とは違い、間取りや吹き抜けなど設計から始めるため、自由度がとても高いのが特徴。今回は注文住宅を考えている方におすすめの吹き抜け広々リビングが嬉しい、40坪の注文住宅とその間取りをご紹介していきます。

注文住宅の間取り加古川注文住宅の間取り加古川注文住宅の間取り加古川

 

 

超オープンな吹き抜けリビング


注文住宅の間取り加古川

一番家族が集まる場所であるリビングを、大胆にワンフロアいっぱいに配置した間取りです。生活の中心となるリビングは、家族が集まる場所でもあるのでのびのびとした空間にしたいですよね。天井の一部を吹き抜けにすることによって、奥行きが出て広々としたスペースにすることができます。
友人を呼んでホームパーティーをしたくなるような開放的な空間です。

 

 

コミュニケーションキッチン


注文住宅の間取り加古川

キッチンは”半島”という意味をもつペニンシュラキッチンを採用。キッチンのどちらか片方を壁につけた、半アイランドキッチンとも言えるペニンシュラキッチンは、子育てのご家庭の方に一番人気があります。
アイランドキッチンよりも面積が少なくて済むペニンシュラキッチンは、対面式にすることで子どもの様子を見守りながら家事ができます。また、完全に独立しているわけではないので、お掃除もしやすい設計になっています。

 

 

フロアを仕切らないオープン空間


本来必要である壁も、近年では柱に耐久コアを入れることにより耐久力をUP。一階部分をワンフロアに近い間仕切りの少ない広々とした空間にすることが可能になりました。子どもたちが家の中でも元気にのびのびと走り回ることができます。
また、すべての部屋をつなげたぐるぐる回遊動線は、子どもたちの遊び場としてはもちろんママの家事効率もUPしてくれる注文住宅になります。

 

 

家族を感じる吹き抜け


天井がない吹き抜けの構造は、実際の床面積よりもオープンに感じます。
人が空間を把握する時、幅と高さ、奥行きから広さを感じ取ります。吹き抜けは一階の天井をなくし、二階までつながっているその高さから、部屋全体を広く見せてくれます。吹き抜けの間取りにするのが難しい場合でも、床から天井までの高さを通常よりもほんの少し高くするだけでも効果があるのでおすすめの注文住宅の間取りです。

 

 

自由に間仕切り可能な2F


注文住宅の間取り加古川

ファミリースペースとして16.3帖の大きな部屋を用意しました。ライフステージに合わせて2部屋のキッズスペースにすることも可能です。

関連記事

こちらの記事も人気です