加古川店コラム

廊下のない間取り加古川

2019.07.25

のびのび空間!廊下のない間取りのメリットデメリット

「土地は狭いけど、注文住宅の室内は広く感じるような間取りにしたい」「せっかく注文住宅でマイホームを建てるんだから、リビングは広くのびのびとした空間にしたい」といった方も多いのではないでしょうか。注文住宅では間取りを自由自在にこだわることができるのが良いところ。
注文住宅で最初に悩むこととなるのが間取り図ですよね。多種多様な間取りの中でも、やはり暮らしの中心となるリビングの広い室内にしたい。そんな方におすすめなのが、狭小地でも広く空間を持つことができる廊下のない間取りです。

間取り図を提案される際のほとんどが、廊下のある間取りになります。注文住宅だからこそ実現できる廊下のない広々とした間取りについて、メリットデメリットをご紹介していきます。

 

 

廊下のない間取りのメリット

土地を最大限活用


廊下のない間取り加古川

生活動線で必ず通ることとなる廊下は、その実かなりの面積を消費していることをご存知でしょうか。最低でも2帖は使われている廊下をなくせば、その分土地を有効活用することができます。
リビングなどの居室を広くする、あるいは収納スペースを確保するなどといったことも可能。外観はコンパクトでも、中に入れば広く感じる注文住宅にできるのが廊下のない間取りの大きなメリットです。

 

 

自然と動線が短くなる


廊下がないということは、部屋から部屋へと移る動線が短くなることを意味します。さらに、どこに行くのにも一番短い動線になる回遊できる間取りにすることがおすすめ。より使い勝手の良い注文住宅になります。

 

 

コミュニケーションを育む


廊下という動線がないことで、部屋と部屋の境界が気薄になります。二階の自分の部屋に行きたい時も、一度はリビングなどの部屋を通らなければ二階に上がることができません。そうすることで家族と顔を合わせる時間が自然と増え、コミュニケーションのとりやすい間取りとも言えます。

 

 

廊下のない間取りのデメリット

プライバシーを保つのが難しい


廊下のない間取り加古川

玄関から入ってすぐに居室が見える廊下のない間取りでは、プライバシーの管理が難しくなります。例えば宅配が来た時に生活環境が垣間見えてしまったり、玄関のドアを開けっぱなしにすると通りがかりの人にまで室内が丸見えになってしまいます。
外から見えないように居室の前にドアをつけたり、カーテンやロールスクリーンをひいたりすることで緩和することが大切です。

 

 

生活音や匂いがもれる


廊下がない分、部屋と部屋が近くなります。廊下という緩衝材がない間取りでは、隣の部屋の音や匂いが通常の注文住宅に比べて響いてしまいます。その対策のためにも、吸音材や消臭の効果がある建材を使うことをおすすめします。

 

 

動線が交差する


動線が短いということは、動線が交差してしまうとも言えます。
ママが家事をする動線から、仕事や学校から帰ってきた家族の動線など様々な生活動線が交わるので、互いに譲ったり遠慮したりと小さな思いやりが大切になります。気になる方にとってはストレスにもなってしまいます。家族みんなの意見をすり合わせて、廊下のない間取りの注文住宅にするかどうかを考えてみると良いですね。

関連記事

こちらの記事も人気です