加古川店コラム

町の眺望

2020.04.23

土地条件にあわせて間取りを考えよう

理想のマイホームを建てるには、まず土地探しから始まります。土地の購入に至るまでには、色々な条件を目安に探しますよね。
注文住宅の土地探しの中で、土地の特性を条件に入れる方はそう多くはないでしょう。しかし土地の特性は、実際に注文住宅が建つ段階になると密接に関係してくるもの。今回は土地条件に合わせた注文住宅の家づくりの工夫を紹介していきます。

 

 

土地の希望条件


マイホームを建てるために必ず必要な土地。すでに決められた土地に建っている建売住宅とは違い、注文住宅は希望の土地を選ぶことができます。実際にその土地に建った家で生活するのを想像すると、希望の条件がより具体的になります。
土地の希望で多くの方が一番最初に思い浮かべるのは利便性でしょうか。子どもたちの学校の区内であったり、病院や公共施設、ーパーなど、それぞれがその土地からどれくらいの距離なのか、徒歩圏内なのか、しっかりと調べる必要があります。また、誰しも明るい住宅に住みたいもの。家全体の雰囲気も明るくしてくれる日当たりは、土地を購入する時の必須条件ですよね。
そんな中で土地そのものの環境や地盤も気にしたいところ。地域ではどのような災害対策がされているか、被災した過去があるのかどうかなども調べておくと安心です。

 

 

都市部の土地


増税後の住宅に関する制度龍野

都市部や分譲地帯などの密集住宅地の場合、じゅうぶんな広さの土地を見つけるのはなかなか難しい。売っている土地の大きさが限られており、利便性が高い分お値段も相応になってきます。
希望としていた土地の広さではなく不安になることもありますよね。狭い土地でもくつろげるオープンな空間をつくることも可能です。例えば床面積を増やすスキップフロアの間取りでは、空間に奥行きを作り、実際の土地よりも広く感じる注文住宅になります。縦に面積を増やす吹き抜けや大きな窓も、同じように広々としたくつろぎの空間づくりに役立ちます。
実際に土地を広くすることができないのなら、視覚的に広く見える間取りを採用することで、理想の注文住宅に近づけることができます。

 

 

高さ制限のある土地


景観や飛行場の存在によって高さ制限のある地域もあります。その場合、天井高を確保するのが難しいこともあり、窮屈に感じる家になってしまいがち。そんな時は、低い天井のスペースと、高い天井や吹き抜けを組み合わせて空間の緩急をつけると良いでしょう。
あるいは一階の天井高は通常通りの高さを保ち、二階の個室では少し天井を低くするのも。寝るための部屋なら多少天井が低くても、圧迫感なく過ごすことができるのでおすすめです。

 

 

隣家と距離が近い土地


隣家と距離が近く、さらに三階建てであればなおさら日当たりが気になりますよね。そんな時は「リビングは一階」という固定概念を捨てて、二階をリビングにするのもひとつの方法です。
屋根の形やサイドライトなどを利用すれば、日当たりの良いリビングを確保することが可能です。

関連記事

こちらの記事も人気です