加古川店コラム

キッチン収納

2019.05.17

家にフィットする造作家具おすすめ場所3選

みなさんは“造作(ぞうさく)家具”を聞いたことがあるでしょうか。
自由に注文して作る造作家具は、「作りたいけれどコストがかかりそう」と考える人も多いかもしれません。ですが実は、造作家具は自分で考えて注文するからこそ、使う素材を低価なものにすることで費用を抑えることも可能です。

新築で一戸建てを建築する際には、使いやすく収納もたくさん確保できる造作家具をおすすめします。加えて、理想のサイズや素材で家具を作れるのも嬉しいですよね。市販の家具を購入する前に知っておきたい造作家具とはどんなものなのかを解説していきます。

 

 

造作家具ってどんなもの?


家具屋さんやホームセンターなどで購入する市販品のものとは別で、造作家具は設置したいスペースに合わせてサイズや素材などを調整することができます。
一般的に販売してあるものと比較して、色や素材などの見た目から使いやすさを追求した幅や高さまで、自由自在にオーダーできるので、一戸建てのお家全体に一体感が生まれます。

部屋それぞれのスペースに合わせて作る造作家具は、デッドスペースをなくして収納力をあげられるのが魅力ですね。

 

 

造作家具の具体例3選


キッチン周りをすっきり整頓!

家の中でも一番家電や物が集まる場所、キッチン。
「どう収納したらいいんだろう?」とお悩みの方も多いはず。お店に行くとキッチン周りの収納グッズがたくさん置いてあるのが、その証拠です。
もちろん、お店で売っているもので試行錯誤し、使いやすいように作り上げていくのも手です。ですが、整理場所をイチから自分で作るのは、時間も労力もかかってしまう……。

そんな時には造作家具を作るのがおすすめ!収納がいくらあっても足りないキッチンだからこそ、無駄なくスペースを有効活用できる造作家具を最初に取り付けておくととっても楽チンに。

 

 

壁面を使っておしゃれに収納

本棚ディスプレイ

近年よく見る収納のひとつである壁面収納も造作家具でつくる方がおすすめです。
壁面収納で有名なのはテレビボードと一体化しているものですよね。こちらはテレビをすっぽり収納しながら、周りも収納として使用できます。小物を置く程度であれば、既製品のものでも問題はないのですが、本などといった重いものも一緒に収納しようと思うと、重量制限に引っかからないか不安になります。

その点、造作家具ではどういうものを収納したいかに合わせて、強度を上げることができるので安心です。
また、天井までぴったりと棚を作れるため、地震で揺れても倒れづらくなります。

 

 

衣服の丈に合わせてスマートに

ウォークスルークローゼット

丈の長いコートやワンピースは収納に困るもののひとつですよね。クローゼットについているハンガーパイプだけでは「全然足りない!」という方も多いのではないでしょうか。
といっても、箪笥の中に入れると皺がついてしまったり形が崩れてしまったり……。

そういう時には収納棚がベスト◎

衣装持ちの方であれば、クローゼットだけではなかなか足りません。ウォークインクローゼットやウォークスルークローゼットを取り入れ、その大きさに合わせて可動棚やコートに合わせた高さの棚を造作家具として取り付ければ、畳む手間もなくなります。
空いたところには引き出し式、あるいはボックスを置いて靴下や肌着を入れるなど、色んな使い方を想定して高さや奥行きの棚をオーダーメイドで作れる造作家具は家事の味方でもあります。

 

 

世界にひとつだけの造作家具で暮らしを豊かに


新築で一戸建ての家を建てるなら、家具も内装に合わせて一新したいもの。その中でも、造作家具は理想にぴったりに作ることができます。
しかし、イメージそのままだとコストがオーバーしてしまう可能性もあります。そういう時には素材を再考することで費用を抑えることができます。

既製品では手に入らない収納力や室内の統一感を得られる造作家具を、ぜひ新築一戸建てに取り入れてみてください。

関連記事

こちらの記事も人気です